FC2ブログ
 

3/6(日)「茶坊主」で晩ご飯

3月6日(日)夕方、福岡空港到着後、迎えに来たうちの奥さんのクルマに、中川兄貴も乗って長谷川さん宅へ。その後、長住の「茶坊主」で晩ご飯。

刺身DSC_0011.jpgDSC_0012.jpgDSC_0014.jpg
飛行機でシャンパン飲んで、今度は芋焼酎(笑)。
刺身、サラダ、そら豆、カレイ煮付けを頂き・・・。

DSC_0019.jpgDSC_0021.jpg
海鮮巻、海鮮丼で締め。お腹いっぱい&酔っ払いました?。

2011.03.28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

北海道スキー?3月6日(日)

3月6日(日)いよいよ北海道最終日。
1 1623号室2 1623号室
宿泊した札幌プリンスホテルの1623号室は、ダブルルーム(上)。約20?なので、まあまあの広さ。
デスクで、無料インターネットができます(下)。

3 1623号室からの眺め4 1623号室からの眺め
部屋からの眺め。札幌駅方面(上)、奥の高い建物は駅横にあるJRタワーホテル日航札幌。
手稲山方面(下)。雪はそんなに多くないですね。

5札幌プリンスホテル6札幌プリンスホテル エレベーター
札幌プリンスホテルは、円筒状の建物(上)。
エレベーターは、宇宙基地みたい(笑)、派手?(下)。

7札幌場外市場
朝ご飯とお土産を買いに、札幌場外市場へ。大型バスでやって来る観光客でいっぱい。私たちにも、客引きの声がかかります。

8二幸9刺身定食10ウニ・イクラ丼
「二幸」というお店に入り、遅い朝食(上)。
私は、刺身定食を注文(中)、1,500円。
みんなは、ウニやイクラなどが入った丼(下)、2000円以上。
つい、福岡と比べちゃうんだけど、高い?(笑)。

11カニ
タラバの入荷は、かなり少なくなったようです。
今回カニは買わなかったけど、毎回購入していた千歳・かに善より、場外市場の料金は高め。

12北海道中央バス13札幌ドーム
一旦、ホテルに戻り、11時過ぎのバスで新千歳空港へ(上)。
途中、何箇所もバス停に停まるので、時間がかかる・・・みんなは、もうバスはいいと(笑)。
札幌ドーム周辺は、日ハムvs巨人戦に斎藤投手が登板するので大混雑(下)。

14 ANA290便
帰りのANA290便も、プレミアムクラスに乗車・・・満席で席はバラバラ。
それでもシャンパンを3本も頂き、無事、福岡空港に到着。
楽しいスキー旅行でした・・・みんなありがとう?!

2011.03.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

北海道スキー?3月5日(土)

3月5日(土)富良野の最終日。
1 1001号室からの眺め2 1001号室からの眺め
朝起きて、窓から外を見ると・・・今日もいい天気のよう(上・下)。

朝一のロープウェーに、シルバーパスを持った”先輩”たちと乗り込み頂上へ。
3連絡コースへ4連絡コースリフト
この日は、連絡コースで北の峰ゲレンデへ(上)。
連絡コースに入ると、誰もいない(下)。連絡リフトはまだ動いていません。

5連絡コース6連絡コース
誰も滑ってないところを滑るのは、スキーの醍醐味(上)。
夜に降った雪のおかげで、ふかふかの雪面(下)。

7林間コース スナップ8林間コース
林間コースに入り、記念スナップ(上)。
これを経験すると、人の多いゲレンデが嫌になるんですよね?(下)。

9晴れ間10レディースダウンヒルコース
北の峰ゴンドラで頂上へ登ると、青空が見えて来ました(上)。
スキーワールドカップが行われたレディスダウンヒルコース(下)。富良野の街並みが眼下に。

昼までスキーを堪能し、その後はホテルでのんびり。16時チェックアウトはいいですね?。
11北海道リゾートライナー
17時前、北海道リゾートライナーで札幌へ。不良グループは、やはり一番後ろを占拠(笑)。

12富良野プリンスホテル13富良野スキー場
乗車客のために、富良野プリンスホテルに停車(上)。山荘風の古くて格式ある建物、雰囲気いいです。
富良野スキー場とお別れ。北の峰ゲレンデにはナイター照明が(下)。

14砂川PA
バスは2時間ほど走り、道央道・砂川PAで休憩。オジサンに似合わない、可愛いライトアップ。

20時前、札幌プリンスホテルにチェックインし、すぐに晩ご飯。
15札幌市電
路面電車が走る道を歩き「魚や一丁」へ。以前オートポリスに勤務しいた山岸さんと、良君のフランスからの知り合い・原井さんと合流。おふたりは、札幌在住。

16カニ17蒸しカニ
せっかく北海道に来たので、カニ料理(上・下)。

18ウニ19キャベツ天ぷら20イカ薩摩揚
ウニ(上)、珍しいキャベツ天ぷら(中)、イカ入りさつま揚げ(下)。

21寿司
寿司好きの私が、ほとんど一人で頂いた寿司の盛り合わせ。これで1,500円弱は安い!

22魚や一丁前でスナップ
「魚や一丁」前で記念撮影。そんなに寒くありませんでした。

23札幌プリンスホテルBAR24札幌プリンスホテル 1623号室からの眺め

ホテル最上階のBARで2次会(上)。夜景がきれい・・・カップルばかり(笑)。
しこたま飲んで、1時前に部屋にご帰還。1623号室から見た札幌市内(下)。

2011.03.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

北海道スキー?3月4日(金)?

新富良野プリンスホテルには、温泉「紫彩の湯」があります。2008年のオープンで、06年に宿泊した際は、大浴場しかありませんでした。
1紫彩の湯 アプローチ2紫彩の湯 絵画
スキーには、やはり温泉!ただ、敷地内にあるのですが、温泉の場所が遠い(笑)。
エレレベーターを降りて、登ってを繰り返し(上)、飽きないようアプローチには、花の写真や絵が(下)。

3紫彩の湯 露天風呂4紫彩の湯5紫彩の湯 眺め
マイナス15℃、どんなに寒くても温泉は、露天風呂が最高(上)。
22℃の沸かし湯。源泉かけ流しではありませんが、スキー後はとくに気持ちいい(中)。
露天風呂の外はゲレンデ(下)。先ほどまで利用していた、クワッド乗り場が見えます。

18時過ぎ、ダウンタウンシャトルバスに乗車して、富良野の街へ、この日はバスも満席。
6田じま 付け出し7田じま 牡蠣
前日満員で入れなかった「田じま」で晩ご飯。付け出しは、蟹の酢の物(上)。
牡蠣を松前昆布の上で蒸した料理(下)・・・これは美味です。

8田じま 牛串9田じま タコ串10田じま ニシン
ボリュームたっぷりの牛串(上)、プリプリのタコ串(中)。
焼いたニシン(下)もすごく美味しかった。
料理はどれも美味しい・・・ご主人と奥さんはドイツにいたこともあるそうで、ドイツやフランスの話で盛り上がりました。

11二ングルテラス12 Sohs Barアプローチ
ホテルへ戻り、ドラマ「北の国から」の脚本家・倉本聡さんがプロデュースした「Soh’s BAR」へ。
土産物などを売る、ニングルテラス(上)の横を抜け、雪の道を下ります(下)。

13 Sohs Bar階段14 Sohs Bar玄関15 Sohs Bar帰り
ようやくたどり着いた(上)・・・オジサンには遠い(笑)。
タバコOK、子供は入れない大人のBARです(中)。
雰囲気はいいのですが、福岡でお邪魔しているBARに比べると、ちょっと・・・・。
ホテルへの帰りは、延々と続く登り坂(下)。BARに行って、息切れしたのは初めて(笑)。

2011.03.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

北海道スキー?3月4日(金)?

北海道スキー・富良野の2日目、3月4日(金)。
1部屋からの眺め2エントランス側3スキー場側
7時前に目を覚ますと、外は雪(上)。
昨晩からの雪がかなり積もっています(中)。
ゲレンデ側に目をやると、山の上は吹雪いているよう(下)。こりゃ、すぐやめるかも?。

4フロント
新富良野プリンスホテルの1階にあるフロント。部屋数が多いので、フロントは広々。

5ロビー6ロビー7雪だるま
ロビーには、コンシェルジュの役目を果たすスタッフがいます(上)。スタッフは、みんなフレンドリーでレベルが高い。
ロビーには、富良野を描いた絵画を販売(中)・・・高くて手が出ませんが・・・。
ロビーから見えた、スタッフが製作した雪ダルマと、かまくら(下)。

8売店
売店もあり、コンビニコーナーは24時間開いています。

9ゲレンデ
8時30分、ゲレンデに立ちます。なんと、いつの間にか晴れていた!

10ゲレンデ
山側もこんなに良い天気。超晴れ男の面目躍如。

11ゲレンデ
だれ?もいないゲレンデ。

ゲレンデ
せっかく来たので(笑)、記念スナップ。

12ロープウェー13ロープウェ?
100人乗りロープウェーで山頂を目指します。車内は、なぜかシニア券を持った方たちばかり(上)。
ロープウェー終点が近付くと、新富良野プリンスホテルが、はるか眼下に(下)。

14北の峰
終点駅は、標高約1,000m。遠くに見えるのが北の峰ゲレンデ。

15ダウンヒルリフト
頂上まで行くダンヒルリフト乗り場へ向かいます。

16ダウンヒルコース
ダウンヒルコースの斜度は約30°ですが、雪質がいいので全く怖くありません。

17頂上
頂上の標高は1,209m。樹氷がきれいです。

18ダウンヒルコース
ダウンヒルコースを下って行くと、富良野の街や大雪山系が見えて来ました。

19スピースコース
スピースコースの途中。人がほとんどいないので、一気に滑り降りることができます。

だんだんコースが荒れてきたので、昼前にスキーは終了。昨年のニセコに比べると、天気が良かったので、結構滑りました。
20ラベンダー21シーフードパスタ
ホテル内の「ラベンダー」で昼食。珍しくビールを注文(上)。
シーフードパスタをオーダーしましたが、これがまず?い(下)。ANAスキーツアーのクーポンで100円だったので、あきらめもつきますが・・・定価の1,000円払っていたら、作り直しだ(笑)。

2011.03.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

北海道スキー?3月3日(木)?

新富良野プリンスホテル
3月3日(木)家を出て9時間かけ、新富良野プリンスホテルに到着。

今回のスキーツアーも、1名1室の部屋割。気兼ねなくホテルライフを送れます。
みんな10階のフロア?で、私の部屋は、1001号室ダブルルーム。
1 1001号室ドア2 1001号室廊下
ドアを抜けると、短い廊下(左)、すぐ右手がベッドルーム(右)。

3 1001号室洗面台4 1001号室バスルーム
廊下の途中に、洗面台があります(左)。その奥は、バスとトイレ(右)。
廊下があるので、共用のトイレっぽくて、ノックしそうだ(笑)。

5 1001号室ベッド
部屋は、スキーバッグを広げても余裕があり、1人で使うには十分。

6 1001号室応接
小さいながら応接セットも付いています。窓からは、針葉樹林の森のほか、ホテルエントランス、スキー場ゲレンデが見えます。

7 雪だるまメッセージ
客室係が置いてくれた、雪だるまの人形とメッセージカード。

8 1002号室
中川兄貴の部屋・1002号室はツインルーム。ここが、”居酒屋富良野”になるのです。

9新富良野ホテル玄関10ホテル玄関集合
スキーをロッカーに入れたりした後、温泉でひと休み。20時前にホテル玄関に集合し、富良野の街で晩ご飯(上・下)。

11森の時計
ホテル横には、お土産処「ニングルテラス」、「珈琲 森の時計」があります。「森の時計」は、フジテレビのドラマ「優しい時間」で使われた建物です。

12ダウンタウンシャトルバス
富良野観光協会が運行するダウンタウンシャトルバスは、私たち5人だけの乗車。市街地まで1人200円です。

13富良野市街14へそ歓楽街
中心部で降車し、よか店を探して散策(上)。
「へそ歓楽街」という路地に入って行きます(下)。
富良野が北海道の中心にあたるところから、"へその街"と呼ばれているそうです。

15炉ばた
いい雰囲気の店を見つけました。「炉ばた」、赤提灯の土瓶酒に引かれました。

16炉ばた メニュー17炉ばた 店内
店内に貼られた品書き(上)と、天井から吊るされた民芸品(下)。

17炉ばた 土瓶酒18炉ばた 土瓶酒
囲炉裏の炭で温められた土瓶酒(上)。絶妙な燗の付き方(下)。
ク?っと来ます、高倉健さんになったよう(笑)。

19ホッケ20宗八カレイ21ツボ鯛
ホッケ(上)、宗八カレイ(中)、つぼ鯛(下)の焼き魚を頂きます。
味噌おでん、行者ニンニクなど、どれも美味しい。ドラマ「北の国」では、黒板五郎さんが土瓶酒を飲むシーンが撮影されたそうです。

22札幌軒前
ちょっと食べ足りないので、「札幌軒」というラーメン屋さんへ。餃子は美味しかったけど、ラーメンは普通。
スナップに塩ちゃんが写ってない・・・なぜだ(笑)。

23富良野市街24富良野市街
雪が激しくなってきました。街をぶらぶらしているのは、マイナス15℃でも寒さを感じない、私たちだけ?(上・下)。
翌日から、お気楽スキーです。

2011.03.09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

北海道スキー?3月3日(木)?

3月3日(木)?6日(日)北海道スキーに行ってきました。今回は、ANAのツアーで富良野&札幌へ。メンバーは、中川兄貴、塩ちゃん、本田君のオッサン4人組に、東京から参加する福田良君。うちの奥さんは、来月休暇取るために不参加。

1 ANAラウンジ2 ANAラウンジ
3日(木)9時20分に福岡空港へ集合。プレミアムクラスに変更し、ANAラウンジ(上)でかんぱ?い。居酒屋と同じように飲んで(下)、周りのビジネスマンの皆さんは、きっとうるさい(笑)。
この日、北海道は大雪で11時15分発のANA289便が遅延。旭川に降りることも、福岡に引き返すこともあるという情報が。
もう一度、ラウンジで飲み直し・・・ウイスキー・小松帯刀という芋焼酎・・・(笑)。

3 B777-2004プレミアムクラス5プレミアムクラスシート
1時間遅れで出発、ANA289便はボーイング777-200(上)。
プレミアムクラスは、前方の21席(中)。
シートピッチは、50インチもあるので、そりゃ?広い(下)。

6メニュー7メニュー
お酒やドリンクメニュー(上)。う?んと迷うが、美味しいと定評のシャンパンから(下)。

8シャンパン
この便には、”巧”昼食が付き。3月の福岡発便は、黒崎の「日本料理 古仙」二段重ね弁当。

9昼食
一の重には、烏賊松笠木。・帆立あられ揚げ・海老アーモンド揚げなど。鶏西京焼きは、隣席の本田君へ。
二の重は、ちらし寿司。美味?い!シャンパンを飲んで、エリートビジネスマンを気取る(笑)。

10赤ワイン
続いて、赤ワインを注文。2007年フランス産ボルドーワイン・・・イマイチ・・・シャンパンにすればよかった。

11機内から
北海道に近づくにつれ、機内からは雲しか見えない。

12新千歳空港
14時過ぎに新千歳空港に到着。雪は止んで、雨に変わっていました。

13リゾートライナー車内
リゾートライナーバスで富良野へ向かいます。不良グループは、一番後ろの席を確保し、改めてかんぱ?い。

14二風谷15二風谷
雪の影響も考慮したのか、いったん南側の日高方面へ。途中、二風谷(にぶだに)で休憩(上)。
アイヌの先住民族が住んでいた場所だそうで、記念館もあります(下)。

16車窓
占冠村に入ると、雪が増えて来ました。空知川を渡ると、富良野まであともう少し。

17 2433D
根室本線・山部駅近くの踏切を、ディーゼルカーが通過。おお、前方に写真撮っている人が・・・鉄ちゃんか!

18富良野スキー場
新千歳空港から3時間、ようやく富良野スキー場が見えてきました。

2011.03.08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

3/2(水)大名「寺田屋」

北海道スキーを翌日に控えた2日(水)、友人の田島さん、うちの奥さんと「寺田屋」へ。

路地坊津
大名の狭い路地を入った場所にあります(上)。
芋焼酎"坊津"、1本3500円(下)。

おでん
おでんはすご?く味がしみています。

刺身筍
刺身盛り合わせ(上)、旬の筍焼き(下)。

アジフライチャーハン
アジフライ(上)、締めにチャーハン(下)。
日頃行っているお店からすると、若干高めでしたが、楽しい会話で盛り上がりました。

2011.03.07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

プロフィール

J-HIGASHI

Author:J-HIGASHI
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード